2020年04月09日

久しぶりに筆を持つ

 コバヤシ画廊での個展が終わってから全く制作をしていなかった。と言っても作品のための取材は何度か行った。ところが、どうも制作意欲が出ずに、ズルズルと2ヶ月近く経ってしまった。昨年、展覧会が続き忙しかったので、その反動と、気持ち的にどうも…。新型コロナウィルスの問題で、気持ちが、しんどくなってしまった。僕の絵は、街に人がいない。それを「静か」と感じる人もいれば、「不気味」「怖い」と感じる人もいる。緊急事態宣言が出され、街から人が消えるのを見ると、異様な光景に見える。僕の作品は、こんな風に見えていたのか?そういった重さもあった。しかし、相変わらず描くのは人がいない風景だ。
posted by nagahara at 18:53| 日記